ガジュマルの剪定

ガジュマル盆栽

ガジュマル盆栽がかなり茂ってきたので、剪定したいと思います。

ガジュマルは丈夫な植物なので、暖かい季節はガンガン剪定しても大丈夫です。

私の場合は、春先気温が毎日15度くらいになったら剪定を行うようにしています。

一番高い部分を決めて剪定する

ガジュマル盆栽一番高いところの剪定

剪定する前に、理想の形を考えます。

今回は丸く茂っている葉を全体的におむすび型というか三角形に剪定しようと思います。

ガジュマルは暖かくなるとどんどん枝葉を伸ばすため、最終形より少し低めに高さを決めます。

 

一番高い部分を決めたら、その枝をバッサリ切ります。

斜めの部分を剪定する

ガジュマルの斜め部分の剪定

続いて三角形の斜めの部分を剪定します。

剪定しながら、何度も離れて全体の形がおかしくないか、バランスを確認しながら剪定すると失敗がありません。

幹や気根が見えるように剪定するとガジュマルはカッコイイ

幹と気根が見えるように剪定する

盆栽仕立てのガジュマルは、幹の太さや気根の野性味が魅力です。

そのため、枝葉で隠れている幹が見えるように剪定します。

 

また、全体の形が概ね三角形になってきたら、込み入った枝葉も剪定します。

風通しがよくなって葉ダニなどの病害虫を防ぐ効果があると同時に、新しい枝葉の発育を促します。

気根の間に落ちたゴミは掃除しておく

気根の掃除

しっかり伸びている気根の間には一年の間に、枯れ葉やゴミが結構溜まっています。

こういったゴミが腐るとガジュマルによくないので、剪定の時期に一緒にゴミ掃除もします。

バランスが悪い気根も思い切って剪定する

気根の剪定

表土にしっかり根を伸ばしている気根も、バランスが悪いと思ったら剪定します。

三角形になるように枝を折り曲げる

ガジュマルの枝を折り曲げる

上を向いている枝は、軽く折り曲げて水平か下向きにします。

ガジュマルの枝は柔らかいので、簡単に折り曲げることができます。

これで三角形になりました。

きちんと樹形を整えたい場合は、針金を巻き付けて長期に渡って枝の方向を変えます。

私は適当にやってます。笑

ガジュマルの剪定が完成

ガジュマルの剪定が完成

剪定が完了しました。

三角形の枝葉、太い幹がしっかり見えてすっきりしました。

ここから春~夏にかけてどんどん枝葉が伸びていくので、実際の完成は夏の終わり頃になりますね。

 

夏の間は枝先を細かく剪定していくと、全体的に小さな葉で構成されます。

葉を小さくしたい場合は伸びたら早めに枝先を剪定するようにしてみてください。

以上、ガジュマルの剪定でした。

 

動画でも詳しくご覧いただけます。↓