フィカス・アルテーシマのカイガラムシに殺虫剤を散布

フィカスアルテーシマ

フィカスアルテーシマ

会社のインテリアグリーンとして購入したフィカスアルテーシマ。

フィカスっていろんな種類があるんですよね。

 

これは明るい葉が印象的なゴムの木みたいない感じ。

日に当てると葉っぱが黄色くなって、部屋が明るくなるとか。

ただ、うちのオフィスは一年中日が当たらないため、黄緑色の葉っぱという感じです。

 

それでも全然日に当てていないのに、全然枯れません。

それどころから春と秋には新しい葉っぱがぐんぐん伸びてきて、まさに観葉植物。

日陰でも育つ耐陰性の高い優秀な植物です。

 

これからオフィスでグリーンを探している方には絶対おすすめ。

幹がぐにゃっと曲がっている感じが自然ぽくて人気があるそうです。

カイガラムシ

そのフィカスアルテーシマ。

今日よく葉っぱの付け根をみていたら、いました!カイガラムシ!

観葉植物の天敵!

 

室内で育てている観葉植物は暑さ寒さは空調で快適に管理されているのですが、雨や風にあたらないため弱りがちです。

 

そのため、カイガラムシが自然と発生してきて植物の汁を吸うわけです。。

やはり、自然に生えている植物たちに風と雨は必要ってことです。

薬剤

そこで、害虫駆除用の薬剤散布をおこないます。

いつも住友化学園芸のカイガラムシ用にお世話になっています!これ一本あれば大丈夫。

 



秋の肥料やり、オリーブの実を太らせよう!

オリーブの実2

olive

何の種類かわからず育てていた会社のオリーブ。

大切に育てていたのですが、今年は猛暑で水やりが大変でした。

土日などは会社もお休みのため、土も乾き気味。それでも植物は嘘をつきませんね。こんなに大きく成長してくれました。

以前の記事はこちらから

オリーブの植え替え(何の種類か不明)

それが、それが、なんといきなり実をつけてくれました!

オリーブの実1

オリーブの実2

丸々と太っています。

しかもかなり大きめです。

大きめのオリーブの実は主にテーブルオリーブとして塩漬けなどにして食べられるサイズです。

小さめのオリーブはオリーブオイル用に搾られます。

 

ということは、これは塩漬けようですね!

 

オリーブは2月、6月、10月に施肥をする植物です。

 

現在10月1日。秋になりました。昨日は台風だったのですが、今日は台風一過の晴天でオリーブもうれしそうです。

この秋の肥料やりはオリーブの実を太らせる充実させるためにやると言われています。

 

今年は植え替えをしたばかりで培養土にも栄養が豊富なのですが、きちんと肥料はやりましょう。

肥料

肥料はいつもとおりハイポネックスの錠剤型。これでOK。

根元からちょっと離して円を描くように置くのがポイントです。

 

これから実が充実して色づくと収穫です。

なお、この緑色の実の時点でも収穫できるそうですが、食べるためには苛性ソーダで処理しないといけないそうです。

なにしろ、オリーブの実は相当渋くそのままでは食べられません。

熟れるのを待つか、早めに収穫して苛性ソーダで処理するか。

苛性ソーダはちょっと危険そうなので熟れるまで待つことにします!



ワーネッキー レモンライムを育てる

ワーネッキーレモンライム

ワーネッキーレモンライム

ワーネッキーレモンライムです。ドラセナともいいますが、ドラセナは変異種が多いそうでこのレモンライムもそう。

葉っぱが文字通りレモンライム色で部屋の中がパッと明るくなります。

 

水やり

他の観葉植物同様、春~秋にかけては土の表面が乾いたら鉢の底から出てくるくらいたっぷり水をやります。

冷暖房が効いている一般の住宅やオフスでは週1回くらいが目安です。

冬は状態をよく観察して、やり過ぎないように気をつけます。

ただ、1日中がんがんに暖房をかけていると意外に乾燥が早いため、水切れしないように要注意です。

日当たり

やや日陰でも育ちますが、明るい窓辺などで育てると徒長しないで葉っぱがみっしりと生えよく育ちます。

ただし、真夏の直射日光は葉焼けを起こす場合があるため要注意。室内のレースのカーテンごしなど場所を工夫しましょう。

肥料

春から秋の間に観葉植物用の緩効性肥料を2ヶ月に1度を目安に与えてください。

おすすめはこちら、おなじみのハイポネックスの肥料です。
Amazon ハイポネックス プロミック 観葉植物用 150g

 

ワーネッキーレモンライムの成育記録はまたこのブログで随時お知らせしますね!



日陰でも育つ屋外のおすすめ植物

寄せ植え

お住まいの環境によって育てられ植物の種類も変わってきますが、日陰のお庭の場合は特にこまりますよね。

今日は、そんな日陰の環境でも育つ屋外の植物についておすすめの種類をご紹介します。

シマトネリコ

シマトネリコ

一年を通して常緑のシマトネリコはどんな家屋にもマッチするということで、あちこちのお庭でよく目にする植物ですよね。

大きな物だと5メートルくらいになるものもあります。

南国の植物なのであまり寒い場所では育ちませんが、関東より以西であれば大丈夫。

かなりの日陰でも育つ強健な植物で、シンボルツリーとしても優秀です。

常緑ではありますが、半常緑で秋に多少葉が落ちますが、ほとんどの葉が冬にも残り庭の彩りを豊かにします。

オリーブ

オリーブ

オリーブも南国の太陽を浴びて育つイメージがありますが、半日陰でも育ちます。

もちろん日光が好きな植物なので、日当たりがいい方が大きく育ち花もつきやすくなります。

また、零度くらいまでは耐えるので、雪が積もらなければ少々寒い地域でも大丈夫。

かなりの日陰環境でも育つ耐陰性が有名で、最近はシンボルツリーにするお宅も増えてきています。ちなみに常緑です。

ただし、室内のような風のない環境では育ちにくい面があります。

屋外の風通しの良い場所で元気に育ちます。

アジサイ アナベル

紫陽花 アナベル

アジサイは日本でも日陰で育つ植物として有名ですね。

この写真はアナベルという北米産のアジサイ。

日本のアジサイより野性味が強くて、日陰でも花が咲きます。

注意点は水を切らさないこと、日陰に置いていると水やりを怠るケースがありますが、水が好きな植物ですので暑い日は特に気をつけましょう。

ヤツデ

ヤツデ紬絞り

日本古来より愛されてきた日陰の常緑植物です。

縁起物として玄関脇に植えているお宅もあるようです。元々日本の野山に自生していたもののため、日本の気候にとても合っていて病害虫も少なく、とても優秀な日陰の植物です。

写真のような明るい斑入りのものもあり、日陰の屋外を明るくするために植えても素敵だと思います。

クリスマスローズ

クリスマスローズ

クリスマスローズも常緑で冬から春先にかけて花を咲かせる日陰の植物です。

あまり手がかからず病害虫にも強いため、日本のお宅でもよくみかけるようになりました。

ヤブコウジ

ヤブコウジ苗

ヤツデと同様日本では昔から縁起物として植えられてきたヤブコウジも日陰で育つ代表的な植物です。

冬に赤い実をつけるのが特徴で、常緑の植物で日陰の環境にもよく適応します。

日本の山野では大きな木々の根元で成育しているため、日陰の環境でよく育ちます。

アオキ

ホソバアオキの苗

アオキもヤブコウジ同様、昔から日本の山野に自生していた植物です。

森の中の日陰でも大きく育ち、日本の気候環境にもぴったりマッチした植物です。

花は小さく地味なため花の観賞としては向きませんが、力強い緑色の常緑植物として冬でも庭を彩ってくれるので、屋外の日陰の庭には必ず植えておきたい職部ですね。

アイビー

アイビー

グランドカバーとしても壁に這わせたりと、何かと優秀なアイビー。

日陰の環境であっと言う間にモリモリ育ちます。病虫害もほとんどなく、放って置いても育っていくところが重宝されています。

このアイビーも写真のように、濃い色のものや明るい色のもの、また葉の形が違うものなど様々で、日陰で植える場合には1色ではなく色のグラデーションや明るさを考えてチョイスするといいですね。