ヒヤシンスの球根栽培を室内で楽しむ!植える時期や季節は?

ヒアシンス

ヒアシンス

ヒヤシンスの球根栽培といえば水耕栽培が思い浮かびますよね。

子供の頃学校で育てた経験が多い方もたくさんいるのではないでしょうか。

久しぶりにヒヤシンスの球根を手に持ってみると、ずっしりとした重量感に驚くと同時に、この中にどれだけのエネルギーを貯めているんだろうと植物の生命力の強さに関心します。

ヒヤシンスの球根栽培といえば、11月終わりから12月くらいの時期です。日中の温度が15度を超えないくらい寒くなるとヒヤシンス栽培の季節と言えます。

 

今回は秋植えの球根を室内で楽しむため、水耕栽培とは別の方法で試してみましょう。

 

赤玉土を使ったヒヤシンスの栽培

 

栽培のスタートは11月後半から12月くらいにかけてです。春先に花が咲くイメージで育てましょう。

 

用意するのはこれだけ。

・ガラスの器

・赤玉土(小粒)

・根腐れ防止剤

・ヒヤシンスの球根

 

ガラスの器

ガラスの器を用意します。

ガラスの器でなくても陶器の器でもご飯茶碗でもOK。底に穴が空いていないものにしてください。

 

根腐れ防止剤

底が隠れるくらい根腐れ防止剤をまきます。

根腐れ防止剤はホームセンターなどでも購入できます。ネットで購入する方は以下からどうぞ。

 

 

赤玉土

赤玉土を容器の8分目くらいまでいれます。

赤玉土全体が湿るくらい水をいれてください。

 

ヒアシンス球根

赤玉土の上にヒヤシンスの球根を乗せます。

今回は白い花が咲くヒヤシンスの球根を2個乗せました。花の色は2個とも同じものにした方がかっこいいですよ。

球根の置き場所は、室内の明るくて暖かすぎない場所にしましょう。あまりに暖かいと早く花が咲き過ぎてしまいます。

うちでは、エアコンをつけない寝室の窓際に置いてますよ。

 

植木鉢

ヒヤシンスの球根から根出しを促すため、暗くします。

暗くする方法はなんでもいいですが、今回は植木鉢を頭に被せてみました。

1週間くらい待ってみましょう。

 

ヒアシンスの球根

球根から根が出てきました。

もっとたくさん根が出てくるようになれば、明るくしても大丈夫。

あとは時々赤玉土が乾燥していないかをチェックして、水を足してやりましょう。

 

ヒアシンスの球根

ヒアシンスの球根を植えてから1ヶ月です。

球根のてっぺんから随分芽が伸びてきましたね。球根のエネルギーをすごく感じます。

ヒアシンスの球根

ヒアシンスの球根栽培2ヶ月目です。

最近部屋の暖房をよくつけていたので開花が進みました。

奥の球根は白い花びらが覗いていますね。

 

ヒアシンスの花

ヒアシンスの球根栽培3ヶ月目です。

ついにヒアシンスの花が満開となりました。咲き始めたら一気に満開までいきました。

本当は2月末くらいに咲かせる予定でしたが、部屋が暖かかったせいか1ヶ月も早く咲いてしまいました。

ちなみにこの後ヒアシンスの花は4日くらいで枯れてしまいました。結構命が短いです。

でも部屋の中に一気にヒアシンスの香りが広がって、早めの春を楽しませてくれました。

 



室内で育てるクロッカスの秋植え球根。鉢植えで寄せ植えしよう!植える時期や季節は?

クロッカス

クロッカス

秋といえば、春に咲く球根を植える季節ですね。

冬の間冷たい土の中でじっと春を待つ球根から花が咲いた時の感動はひとしおです。

今回はクロッカスの球根を寄せ植えして室内で育ててみることにしました。

クロッカスの球根を植える時期は日中の気温が15度を上回らないくらい十分寒くなってから。11月でも暑い日がたまにありますので、心配な方は12月に植えることをオススメします。

 

クロッカスの寄せ植え方法

容器

球根を植える容器を用意します。

キッチンで使わなくなった器など探してみてください。

室内で育てるため、底に穴が空いていない容器がベストですが、下に受け皿をおけば普通の植木鉢で大丈夫。その際はあとで説明する根腐れ防止剤は必要ありません。

 

根腐れ防止剤

底に薄っすら根腐れ防止剤をしいておきます。

 

根腐れ防止剤

今回使った根腐れ防止剤はこれです。

ホームセンターなどでもいくつか売っていますが、なければネットでも購入できます。

 

 

 

赤玉土

根腐れ防止剤の上に赤玉土を適量しきます。

赤玉土は小粒タイプがおすすめです。

 

クロッカスの球根

赤玉土の上にクロッカスの球根をしきつめます。

ポイントはみっちり寄せ植えすること。

隙間がないほうがおしゃれになります。

球根は上下があるので、芽が出るほうを確認して上にしてください。

 

なお、球根は同じ色でそろえたほうが断然おしゃれになります

よく様々な色の混合球根が売られていますが、あれば良くないです。おしゃれにするポイントは色を揃える、色数を少なくするです。

今回はすべて白い色のクロッカスにしました。

 

赤玉土をかぶせる

クロッカスの球根の上にさらに赤玉土をかけます。

最後に赤玉土全体が湿るくらいに水をかけてください。たくさん水をやりすぎるとクロッカスがくさってしまいます。

その後は土が乾いてきたと思ったら、水を少しずつかけてください。加湿には注意です。

 

部屋の中が暖かすぎると早めに芽が出てしまう場合があります。

花が咲くのを遅らせるためには、寒い場所のほうが良いと思いますよ。

 

クロッカス発芽

赤玉土に植えてから10日後のクロッカスです。

8個の球根すべてから発芽しました。

 

クロッカス

球根を植えてから1ヶ月。かなり芽が伸びてきました。

土の中で根が張っているらしく、赤玉土が随分盛り上がっています。

 

クロッカス球根

クロッカスの球根栽培2ヶ月目です。

1ヶ月前と比べるとかなり葉っぱが伸びてきました。今日は1月19日で外は真冬の寒さですが、家の中は暖房が効いているので、やはりどんどん成長しますね。

 

クロッカス

クロッカスの一番花が咲きました!

本当は全部の球根が同じタイミングで咲くのが理想なのですが、部屋を暖めすぎたせいで不揃いになってしまいました。

 

続きはまたご報告します!

 



ジャスミン・ホワイトプリンセスの育て方

ジャスミン・ホワイトプリンセスの花

ジャスミン・ホワイトプリンセス

ジャスミン・ホワイトプリンセスの苗を買ってきました。

ジャスミンは一般的にハゴロモジャスミンがよく出回っているようです。

花をたくさんつけるのもハゴロモジャスミンだそうですが、

このホワイトプリンセスの可憐な白い花はとても上品で、とても美しいです。

そして四季咲きなので長く花を楽しめるのもホワイトプリンセスの特長です。

うちのベランダから枝を誘因して咲かせてみたいなと思います。

 

日当たり

日向が好きです。他の花と同様に日当たりがいい方が花付きが良くなります。

ただ西日には弱いそうなので葉が焼けるほどであれば置き場所を変更しましょう。

水やり

表面が乾いたらたっぷりと、夏場は土の表面を見て乾いているようであれば朝晩2回やります。

肥料

春から秋の生育期に月2回液肥を与えます。

いつも使っているハイポネックスを薄めてやっていますよ。

 

2017年3月

ジャスミン・ホワイトプリンセス

ベランダの植木鉢にて三株寄せ植えしました。

寒い時期に植え替えたせいか、この中の1本は枯れ気味になります。

他の株も枯れはしませんが、まったく成長しませんでした。寒い時期の植え替え+気温の低さが問題だったようです。

2017年6月

ジャスミン・ホワイトプリンセス

3月からほとんど成長が止まっていたジャスミン・ホワイトプリンセスですが、5月の下旬くらいから少しずつ新しい葉が出てくるようになりました。

そして、6月中旬に淡いピンクのつぼみが出ました。

2016年6月下旬

ジャスミン・ホワイトプリンセスの花

ジャスミン・ホワイトプリンセスの一番花が咲きました。

たった一輪なのに、すごい香りがします。これがジャスミンの特長ですね。

 

2017年10月15日

ホワイトプリンセス

夏の間は花が休止していたのですが、9月から10月にかけてホワイトプリンセスの花がどんどん咲くようになりました。

晩秋まで楽しめるそうなので、今後も期待です。

 

花が終わった後の剪定

ホワイトプリンセス切り戻し

ジャスミン・ホワイトプリンセスは枝の先に花をつけます。

写真では枝先に3つの花が咲き終わった状態です。このままですと花数が少なくなりますので切り戻しを行います。

終わった花のすぐ下の枝から脇芽が見えますよね。

この上のあたりで剪定します。また新しい花芽が出てくるので、長い間花が楽しめますよ。

 

冬越しの準備 ジャスミン・ホワイトプリンセスの剪定

ジャスミン・ホワイトプリンセス

12月のジャスミン・ホワイトプリンセスです。

花はすでに終わりまして葉っぱも一部黄色くなって見るからに終わった感が出てきました。

鉢植えで育てているので、冬の間は剪定してしまいます。

根元近くからばっさり剪定しますが、大丈夫。

ジャスミン・ホワイトプリンセスの剪定

ご覧のとおりバッサリ剪定。冬越しの準備完了です。

これでも春になれば新しい芽がでてきて元どおりになるはず。

春が待ち遠しいです!

2018年4月上旬

ジャスミン・ホワイトプリンセス

今年は3月から気温がぐんぐん上昇しまして、4月上旬で夏日を記録する日も。

いったい日本の気候はどうなったのでしょう。

そのお陰か12月にばっさり根元から選定したジャスミン・ホワイトプリンセスも新芽がどんどん伸びて勢いがあります。

この時期は成長期なので月に2回液肥をやります。

 

続きはまたご報告します!

 



ラナンキュラス鉢植えの育て方 球根の植え方

ラナンキュラス

ラナンキュラス

冬の終わりから春にかけてゴージャスな花を咲かせるラナンキュラス。

最近育てている人も増えていますよね。

うちでも今年から一鉢買ってきて育てることにしました。

 

基本的に日当たりが大好きな花なので、うちの半日陰では育ちにくいかもしれませんが・・。

 

水やり

土の表面が乾いたらたっぷり。ただしあまり過湿にすると葉が倒れてきます。

日当たり

日当たりの良い場所が大好きです。秋に球根を植えてからも日当たりのあるベランダなどで育ててください。

冬の間室内でも育ちますが、しっかりした株に育てるため冬の寒さを経験させた方が丈夫になります。ただし寒風にさらされないように注意。

培養土

腐葉土が3,4割混ざった水はけの良い土を用意してください。

ラナンキュラスの球根を掘り出そう 6月上旬

枯れたラナンキュラス

とりあえず今年は5月初旬にすべての花が終わりました。

ラナンキュラスは花が終わると茎も枯れてきますので、そうなったらどんどん茎を切っていきます。

こんな寂しい姿に。。こうなったら水やりは終わりです。土が乾燥してきたら球根の掘り出し時期。

これから球根を掘り出します。

球根なので、そのまま土に植えっぱなしでも育つ場合があるそうですが、過湿に弱いラナンキュラスの場合、雨による管理が難しいため、多くの場合球根を掘り出して秋に植え付ける方法が一般的です。

 

ラナンキュラスの球根

掘り起こしてみると、わかりずらいですが球根らしきものが出来ています。

 

 

ラナンキュラスの球根

泥を払って見ると確かに球根がびっしりついています。

 

ラナンキュラスの球根

これを水で洗います。

だいぶきれいになりました。上についていた残りの茎は切ってしまいました。

 

ラナンキュラスの球根

乾燥させるためベランダで1週間くらい放置しておきます。

あとは、秋に球根を植えるときまで冷暗所に保管しておきます。腐らせないように注意。

 

ラナンキュラスの球根

我が家では球根をジップロックに入れて保存しています。

 

球根の吸水 11月~12月頃球根の給水

最高気温が20度以下になると、ラナンキュラスの球根の植え付けができるようになります。

というのも、ラナンキュラスの球根は水を吸いすぎるため、気温の高い時期に植えると培養土の中で腐ってしまうからです。

そのため、球根を植えるときの方法は2つあります。

 

(1)あらかじめ球根を吸水させてから植える方法

上の写真をご覧ください。室内でお皿に湿らせたティッシュペーパーを置いて、その上に球根を置いておきます。

乾燥しやすい季節なので、毎日球根が乾いていないかどうかを確認しながら、乾いていたらスプレーなどで水をやります。

このとき注意するのは水をやりすぎないことです。

10日もすると、あら不思議、写真のように芽と根っこが生えてきます。

 

(2)培養土に球根をそのまま植えて戻す方法

こちらの方法は球根をあらかじめ水で戻さずに、培養土に先に植えてしまう方法です。

この方法の特徴は、培養土に植えてもすぐに水をやらないことです。

培養土に含まれている腐葉土などの水分で自然と球根に吸水させます。

10日程度土の中で吸水させたところではじめて水をやります。

 

球根の植え付け

ラナンキュラスの球根植え方

上記2つの方法でラナンキュラスの球根を植えます。

なお、培養土は腐葉土が3,4割混ざった水はけの良い土がオススメです。緩効性肥料があらかじめ混ざっている土があれば、そういった培養土の方がよいでしょう。

写真ように土の表面から2センチあたりに球根を植えて土をかぶせてください。

過湿には気をつける必要がありますが、水が少なくても根張りが悪くなります。

なお、ラナンキュラスは耐寒性があまりありません。

寒い地域では霜対策も必要です。

 

芽が出てきました

ラナンキュラスの芽

前回球根を土に植えてから5日ほどしてさっそく芽が出てきました。

ある程度吸水の過程で根と芽が育っていたので、このスピードもうなずけるというもの。

しばらくは、土の表面が乾いたら水をやるという感じで。冬の間は約10日間に1度くらいです。

 

冬の管理

ラナンキュラス

1月下旬のラナンキュラスの様子です。

この時期に気をつけなければいけないのは、水切れと日当たり。

冬でも結構空気中は乾燥しているため、鉢植えの場合水分がどんどん蒸発してしまいます。

土の表面を毎日観察して乾いているようでしたら積極的に水をやりましょう。

 

うちではこの水やりの際に2週間に一度程度液肥をやっています。ラナンキュラスが花芽をつける大事な時期。どんどん栄養をやってください。

 

また、ラナンキュラスは日当たりが好きな植物です。

花をたくさん咲かせるためにも、日によく当てて硬くしっかりした茎を作る必要があります。

冬の間は太陽が出ている時間が短いため、冬の間日差しがはいる場所をしっかり把握し、日の当たる場所にラナンキュラスを置くようにしましょう。

花が咲く前の植え替え

ラナンキュラス枯れた葉

ラナンキュラスは花の茎が伸びて来る頃になると、葉っぱが黄色くなってくるものが増えてきます。

これは、鉢の中の根が詰まって締まっている状態です。

こういった葉っぱは病気の原因となりますので、どんどん切っていきましょう。

また、このように根詰まりしている状態では、この後花があまり咲かない場合があります。

そのため、最初の蕾が伸びてきたら一回り大きい鉢に植え替えを行いましょう。

 

ラナンキュラスの根

鉢からラナンキュラスを引っこ抜くと、このように根詰まりを起こしています。

これはこれで正常な状態なのですが、花を咲かせるためにはさらに大きな鉢が必要となるわけです。

鉢

今回は写真のように左側の少し大きな鉢に植え替えます。

ラナンキュラスの開花

ラナンキュラス

今年もなんとか花が咲いてくれました。

しかし、葉がバタバタと倒れているのは過湿のせいと思われます。

20度以上の日が続いたので土の表面の乾き具合を確かめずに水をやっていたので、こうなってしまいました。

葉がしなしなで倒れるときは過湿を疑って、しばらく水やりを控えてみましょう。

 

以上、ラナンキュラスの球根の植え方でした。

続きはまたご報告します!

 



モッコウバラの鉢植え育て方 ベランダに誘因する

モッコウバラ

モッコウバラ

春に白い花が咲くモッコウバラの鉢植えを買ってきました。

本当は黄色い方が強くて花も多いそうです。ただ、うちのベランダは基本的に白い花を中心に育てているので白いモッコウバラにしました。

つる性の花で壁に這わせて生け垣や目隠しにすることも多いようですが、うちはベランダのためベランダの上から誘引して垂らしてみたいと考えています。

初心者向けのバラとも言われるモッコウバラの育て方は以下のとおり。

水やり

基本的に生育期は表面が乾いたらたっぷり。

日当たり

日当たりの良い場所を好みます。半日陰でも大丈夫。

肥料

花が終わってから月に2回緩効性肥料をやります。6月~9月まで。

暖かい地域だと11月くらいまで成長するので、もう少し長めにやっても大丈夫。

こちらの粒状肥料をパラパラと土の上に撒くだけなので簡単です。

2017年5月3日 モッコウバラ

モッコウバラ

私が買ってきたモッコウバラは鉢植えであんどん仕立てになっていました。

この混み合ったツルをなんとか外しました。

とりあえずベランダに引っかけて上から誘因して垂らしてみます。風でぐちゃぐちゃになるため、麻紐で結びつけてあります。

モッコウバラ剪定

茎の途中で葉っぱがない部分はカッコ悪いのでばっさり剪定します。

 

ベランダ

ベランダの外側から見た様子です。

もう少し枝が伸びて垂れてくれると格好いいのですが。。

2017年5月26日 モッコウバラのシュート

モッコウバラのシュート

花が終わったモッコウバラはシュートがアホみたいに伸びると他のサイトで読みましたが、うちのモッコウバラも赤い茎の太いシュートが3本でてきました。

これがスゴイ勢い。右へ左へ中央へ伸びていきます。

ここでシュートを剪定してしまうのもよし、伸ばしっぱなしにして別の方向へ誘導するもよしです。

我が家のベランダはまだ寂しいのでシュートを育てて誘因する予定です。

 

2017年10月のモッコウバラ

モッコウバラの誘因

この夏にシュートがかなり伸びて、ベランダの外にまでかなり伸びてきました。

つるが6本くらいあります。まだボリュームが足りないので見栄えがよくありませんが、もう少し枝が分かれてくると緑が生い茂っている感じになると思います。

 

2018年1月1日のモッコウバラ

モッコウバラ

年をまたぎまして、現在のモッコウバラの様子です。

3ヶ月前はまだ葉が青々としていたのですが、ご覧のように黄色くなっています。

モッコウバラはそもそも常緑樹ということで聞いて購入したのですが、どうも違うらしい。

暖かい地域では緑の葉を冬の間も残しているようですが、東京くらいの寒さだと葉っぱを落としてしまうようです。

半常緑樹ということなのでしょう。

もちろん、関東より寒い地域だと、冬越しのために室内に取り込む必要があります。

枯れたわけではないですが、葉っぱが茶色くなっているのはちょっと寂しですよね。

 

2018年3月11日のモッコウバラ

モッコウバラの新芽

モッコウバラ

春ですね~

最近は日中の気温が15度を超える日も増えてきて、モッコウバラの新芽が動いてきました。

写真のようにあちこちから芽が吹き出していて、今にも葉が開きそうな勢いです。

冬の間ちょっと寂しかったベランダもこれから賑やかな季節を迎えます。

2018年4月15日のモッコウバラ

モッコウバラ

最近水やりを忘れたことが何回かあり、実はモッコウバラがしおれていたのですが、ついに花が満開になりました。

鉢植えのモッコウバラなので、水切れには要注意ですね(^0^;)

モッコウバラ

ちなみに、ベランダを外から見た感じはこのようになっています。

もうすこし枝が増えてくれると見応えがあるのですが、今年はこれが限界でしょうか。。

 

今後の経過はまたお伝えしますね!

購入はこちらから!

↓  ↓  ↓



日陰でも咲くアジサイ アナベルの育て方

紫陽花 アナベル

アナベル

アジサイ(アナベル)の鉢植えを購入しました。

冬の様子はこんな感じです。枯れているみたいですよね。

ずっと前からほしかったアジサイです。よく町中で目にするのは日本の紫陽花で、このアナベルは西洋紫陽花です。

耐陰性があるのは同じですが、虫がつかなく育てやすいところや11月くらいまで長く生育するのが特徴です。

購入したときはプラスチックの植木鉢に入って送られてきましたが、これは陶器の植木鉢。なんと、イタリア製で3,000円もする鉢を購入しました。

アジサイはとてもキレイですが、うちのベランダの半日陰で栽培することや冬の間は葉を落として少し寂しい雰囲気があるので、鉢は自然感があるものの方がカッコいいと判断しました。

我が家のシェードガーデンの主役として期待しています。

水やり

生育期は1日1,2回。水を欲するタイプです。

夏は特に朝夕2回やります。

日当たり

日向から半日陰を好みます。日本のアジサイより日当たりを好みます。

日陰でも問題なく育ちますが、花の付き方が少し少なくなる可能性があります。

肥料

1月~2月に寒肥。花が咲き終わってからお礼肥を与えます。油かすや緩効性肥料をあげてください。

花の時期

4月下旬頃につぼみをつけます。開花は5月中旬から6月上旬。

増やし方

挿し木でカンタンに増えます。

アナベルの芽 2017年2月24日

アナベル芽

ここ数日20度に迫る気温の日があり、ベランダの植物もなんとなく動きがあります。

もちろんまだまだ芽はでてませんが、着実に3月に向けて膨らみつつありますね。アジサイ アナベルもしっかり芽が膨らんできています。

アナベル 2017年3月11日

ツルニチニチソウ

春は遠いですね。また今週も気温が低いままで紫陽花アナベルの芽は固いままでした。

少し植木鉢が寂しいため、株元にツルニチニチソウを植えてみました。斑入りだからベランダの雰囲気もちょっとだけ明るくなります。

アナベル 2017年4月9日

アナベル新芽が出た

前回の投稿から1ヶ月、ようやくアナベルの新芽がでてきました。

今日の最高気温は20度、最低気温は15度でした。このくらいの気温がないと葉が出てこないのかもしれませんね。

春になってもアナベルの新芽が出ないとお悩みの方も気温がこれくらいになるまで待ってみてください。

アナベル 2017年4月20日

アナベル

アナベル

今週は気温がぐんぐん上がって夏日を記録。それにともなってアナベルの葉もどんどん大きくなりました。

日本の紫陽花と比べるとちょっと葉がマットな質感です。

そして、株元を見るとこんなに芽がでていました。これはそのままでいいのか、切るべきか、悩みます。

アナベル 2017年4月30日

アナベル

ゴールデンウィークです。あまり外出の予定がないため、ベランダの植物たちをお手入れしています。昼間の気温は23度です。

さて、アナベルの葉もさらに大きくなってきました。

日本の紫陽花より、ちょっとシソっぽい感じの葉っぱですよね。

そろそろつぼみがでるかな。

そういえば、先日お伝えした株元から出ていた芽はすべて切りました。あんまり茎を増やしても花に栄養が行かないかなと思って。

アナベル 2017年5月12日

アナベルつぼみ

ぐんぐん葉っぱが育っていたアナベルですが、一番大きな葉の間からつぼみが出てきました。そう言えばもうすぐ梅雨。

アジサイも準備を始めているようです。

アナベル 2017年6月1日

紫陽花 アナベル

アナベルの大輪第一号が咲きました。

先日お知らせした蕾の状態からここまで大きくなりました。

重すぎて少し首を垂れています。とても清潔感があり、涼しげな雰囲気で、ベランダの様子が一変で変わりました。

ただ、この第一号以外の花はそれほど大きく成長していないことです。

肥料が足りないのか、なんのか。。やはり少し日当たりが足りないのかもしれません。

アナベル 2017年6月17日

アナベル

アナベルの大輪ですが、開花から約2週間。

少しずつ白い花が緑色になってきました。アナベルはこの緑色の花が長く楽しめるということでも有名です。

アナベル 2017年8月25日

アナベル枯れた

春から夏の間楽しませてくれたアナベルですが、さすがにお盆も過ぎたころから弱ってきました。

緑色の花がこれだけ長い期間楽しめるのもアナベルの良いところですが、ところどころ茶色くなってきましたので切ってしまうことにしました。

普通のアジサイと異なり、アナベルは4月以降に花芽をつけます。

普通のアジサイが7月までに剪定を終えておく必要がありますが、アナベルは春先までガンガン剪定しても大丈夫です。

アナベル剪定

アナベル

ということで剪定後は葉っぱだけになりました。

葉っぱもところどころ枯れてきて見苦しくなってきました。アナベルは水をたくさん吸う植物なのですが、夏場に水が少ない日があったためと思われます。

少し見苦しいですが、もうしばらくこのままにして冬になったらばっさり剪定しようと思います。

今後のアジサイアナベルの育て方と生育状況は随時お伝えしますね!

 

ご購入はこちらから!

↓  ↓  ↓