ハオルチア プラニフォリア

ハオルチアハオルチア プラニフォリア

ハオルチア プラニフォリア

黄緑色の肉厚の葉が目にまぶしいハオルチア属のキンビフォルミスという種類の中の「プラニフォリア」という葉が幅広なタイプだそうです。

ハオルチアと同じように葉っぱに水分を大量に溜め込んでいるのがわかります。

 

はじめての水やり

プラニフォリア

プラニフォリアにはじめて水やりをしてみました。

多肉植物はあまり水をやならなくていいというイメージでしたが、葉を触ってみるとぶよぶよしていて、水切れのサインが出ていました。

慌てて水やりをして、2,3日後。

根元を確認すると太くてしっかりした根が伸びているのを確認。

生命力を感じますね。

 

 



窓が透明で美しいハオルチアの花が咲きました

ハオルチアの花

ハオルチアの花

2週間程前にハンズで衝動買いしたハオルチア。

購入してから名前を知ったのですが、いろいろな仲間がいる多肉植物さんらしいですね。

ちなみにうちのは軟葉系でキンビフォルミスというらしいです。

ナンパなのか・・

 

このハオルチアですが、ふと見ると3日程前からぐんぐん花茎が伸びてきました。

この窓際、現在1月中旬で夜はすごく寒いですが、昼間は2時間くらい直射日光があたる場所なのです。

ハオルチア

ハオルチアに直射日光はダメとかいう記事も見ましたが、見た感じ直射日光に目覚めて花を伸ばしているようです。

ちなみに水はまだあげていません。

水やり

ハオルチアの水やり

しばらく直射日光にあてていたハオルチアですが、小さな葉のいくつかが黄色くなっていました。

というわけで久しぶりに葉っぱを強く押してみました。

あれ?

ふにゃふにゃしている!

これは水切れのサインです。本来水をたっぷり吸収していればカチカチなのです。

急いで水やりをしました。冬の室内ではありますが、直射日光に当たっている上に室内はとても暖かく乾燥しているので、早めに水切れしたと思われます。

皆さんも週に一度はハオルチアの葉を少し強めに押してみてください。

 

透けているところを「窓」というそうです

ハオルチア

ところで、ハオルチアの象徴とも言うべき葉の中が透けて見える透明な部分「窓」というそうです。

窓が透明だと良いそうです。電球を裏から当ててみましたが、うちのハオルチアは窓は曇ってないと思います。

それにしても不思議な形状の多肉植物です。

ハオルチアの花が咲きました!

ハオルチアの花

今日ハオルチアの花が咲きました。季節は2月上旬です。

小さいですが壷みたいな花の形をしています。

意外と繊細でかわいい感じですね。よく見ると、花びらの表面に筋が入っていて、葉っぱに似ているんですよね。

 



黄茶色くなったサボテンを復活させる

サボテン寄せ植え

黄色くなったサボテン寄せ植え

4年前に買ってきて寄せ植えにしていた寄せ植えミニサボテンたち。

奥の背の高いのは順調に伸びたのですが、となりの団扇サボテンは当時の1/3ほどの大きさになり、手前の丸っこいのは大きくはなりましたが、ご覧のように黄色くというか茶色になってしまいました。

サボテン自体はカチカチで締まっているので腐ってはいませんし、毎年少しずつ成長していますが、なんとか本来の緑色にしたいですよね。

 

そこで、黄色くなったサボテンを久しぶりに寄せ植えから独立させ復活させたいと思います。

 

とりあえず引っこ抜いて根をチェック

黄色くなったサボテンの根

根も最初のころよりだいぶ伸びていますので、どこが悪いかというのはよくわかりません。

とりあえず古い土を落として、根を少し切りました。

 

植木鉢とサボテン培養土を用意

サボテン植木鉢

今回はサボテンが1個だけなので、小さめの素焼きの植木鉢を用意しました。

これまでは川砂にサボテンを寄せ植えさせていたのですが、もしかして栄養がまったくないのが問題では?

と思いましたので、土についてはサボテン多肉植物用の用土を使うことにしました。

 

 

よく売っている定番のサボテン用土です。

軽石をベースに水はけがよく、保水のためにパーミキュライトが配合されています。

 

サボテンの植え替え

ということで完成です。

寄せ植えだと風通しが悪くなるのでサボテンはやはり単独で育てた方がいいのかもしれませんね。

とりあえず10日間は水をやらず、その後水やりをします。

現在秋ですが、春になったら今回は肥料をやってみようと思います。

 

肥料を与えてみる

ハイポネックス肥料

少し気温があがってきたので、黄色くなったサボテンくんに肥料を注入してみたいと思います。

肥料はおなじみのハイポネックスサボテン・多肉植物用。

実はサボテンには使ったことがなかったのですが、今回はこの瀕死の色したサボテンに試してみようと思います。

薄めず使えるので手軽でいいんですよね。以前ランの花を育てていた時に使っていましたが効果てきめんだったので、今回も期待しています。

 

 

黄色くなったサボテンの復活の様子はまたご報告しますね!



サボテンの育て方。花を咲かせよう

サボテン全形

4年位前に買ったサボテンです。

買ったときはこの半分くらいの大きさだったのですが、だいぶ大きくなりました。

途中で2箇所、段がついているのは、2年目と3年目の生育環境が違うことを表しています。

2年目の部分が短いのは、部屋が寒くて水やりも怠っていたせいだと思います。3年目は引っ越して暖かい部屋になったため、伸びているというわけです。

サボテンは温度が重要ってことですね。

僕の部屋にある植物の中でも一番の古株です。

 

今年のサボテンはちょっと違う

白いとげサボテン

今年のサボテン君はちょっと違います。昨年までも元気でしたが、普通のトゲトゲがあるだけでした。
これでは花が咲かないと思い、いろいろネットで調べたところ、
サボテンは次の2点が最も大事であるということでした。

 

(1)日当たり
(2)春・秋に水をたっぷりやる

 

そこで今年は、
一年中外に置いておきました。
また、秋になってから水をガンガンやってみました。
その結果がご覧の通りです。
頭頂部がはじめて白いもしゃもしゃで被われています。
これがサボテン君の真の姿だったのですね!!

これはもしかすると春に花が咲く予兆かもしれません。
いまから待ちきれません!

 

ついにサボテンのつぼみが来た!

サボテンのつぼみの兆し

今年のサボテンは何か違うと思いましたが、
ついにつぼみがつきました!
キター

頭頂部に薄いピンク色のつぼみが円を描くように並んでいます。
まだ白ひげに隠れて見えませんが、12月になってから
日当たりの良い窓際に移動したのですが、それが良かったのかもしれません。

春まで待たないとと思っていたので、こんな一番寒い時期にサボテンが蕾をつけるなんて、意外でちょっとびっくりです。

 

サボテンのつぼみ

蕾の存在を確認してから一週間。
赤い姿がサボテンの針の間からだんだん見えてきました。

水も全然やっていないんですけど、太陽の光ってすごいですね。

でもこれだけつぼみが膨らんでくると、なんか水をやりたくなるんですが、
やらないほうがいいですよね?

誰か知っている人がいたら教えて下さい。

 

サボテンのつぼみ

サボテンの花が生まれる!!!

明日咲くんか!?

はちきれそうです!

待ちきれません!

 

サボテンの花が咲きました

サボテンの花

いやーついに咲きましたサボテンの花。

7年間も沈黙を守っていたのですが、ついに。。
今年は日当たりを良くして、春先と秋にたっぷり水をあげました。

冬の間もできるだけ日の当る部屋の中に入れていたのですが、
それらがすべてよかったのでしょう。

ただ、サボテンの花は寿命が非常に短いようです。
長くても2日。早いと一日で萎んでしまいます。
また、全部いっぺんに咲くと思っていたのですが、実際には2個ずつくらいの
勢いで咲いていきます。
もしかすると受粉の可能性を増やすためにそのようにしているのかもしれません。

また来年も咲きますように・・

 

サボテンの花
今年も咲きましたサボテンの花です。

昨年は2月に咲いたので今年はかなり遅いです。

昨年は別のマンションに住んでいて、室内でもかなり太陽の日差しがあり、かつ暖かかったせいかと思います。

今年は冬の間外に出していたのですが、3月になって部屋の中に入れて

毎日窓越しに日差しをあてていたところ、うまく咲きました。

白い毛にショッキングピンクの花が眩しいですね!

 

皆さんも、ぜひサボテンの花を咲かせてみてください!

 



多肉植物の寄せ植えテラリウムの作り方

多肉植物のテラリウム

前々から気になっていた多肉植物の寄せ植えテラリウムに挑戦してみました。

実はちょっと前に苔のテラリウムを作ったのですが、そちらは苔が枯れて失敗。いま再生中なので、復活したらご紹介します。   さて多肉植物はいろんな種類があって見てるだけでも楽しいですよね。 今回はどうせならいろんな色を組み合わせた多肉植物の盛り合わせテラリウムにしてみました。 買ってきたのはこの6種類。なにげに日本名が付いていたので意外です。 「火祭」って・・・怖い。

多肉植物のテラリウム

まずは器から。今回はテラリウムの中がきれいに見えるようにガラスボールを買ってきました。

テラリウムのガラス器

まずはそこに小石を敷き詰めます。排水をよくするためですね。 僕はメダカを飼っているので、メダカの底石で代用しました。

テラリウム底石

次に活性炭を敷き詰めます。 これは水の腐敗を防ぐ役割があるそうです。よくわからないですが、浄水器の活性炭をホームセンターで入手して敷き詰めました。

テラリムの活性炭

ここに先程の多肉植物を配置していきます。 配置する写真を撮り忘れたのですが、とりあえずポイントは「背の高い植物を真ん中」にすることです。 その周りに背の低いものを並べるとかっこよくなりますよ。 並べたら、間にサボテン用の土を入れていきます。白く写っているのがそれです。

テラリウム

どうです?結構きれいですね! 以上、多肉植物の寄植えテラリウムの作り方でした。

多肉植物のテラリウム

 

 



ミニサボテンの寄せ植え

ミニサボテン

ミニサボテン

東急ハンズで買ったミニサボテンです。

渋谷の東急ハンズの7階?だったかにテラスがあって、

サボテンを販売しているのです。

自分で好きなサボテンをチョイスしてコーディネートできます。

これは購入当時の写真ですが、冬に水をあげすぎたせいか、今はちょっと色が悪くなっています・・・

また次回紹介しますね。