赤いオクラの育て方

赤オクラの苗

実は今年は6月頭に赤いオクラを育てることを決心して写真を撮っていました。 が、ちょっと仕事が忙しくてブログにアップすることができませんでした。

そんなわけでまとめて写真をアップします。

豊洲のホームセンターで赤い実が成るというオクラの苗を見つけました。 定番ミニトマトのプランターに一緒に植えて育て方を研究してみようと思います。

 

深鉢プランター

じゃじゃん。

憧れの深底プランターです。

そう、実をつける野菜を栽培するためにはこの深い形のプランターがなければダメなのです。

なぜなら野菜の根は土深く伸びるからです。しかも水切れが怖いから、これくらいの深さがないとおいしい野菜ができないというわけ。

昨年まではその事実をまったく知らず、普通の底の浅いプランターで栽培していました。

ミニトマトが成功したのですが、数が少なく、どうも実のつきが悪い。ということで調べたところ、この深底プランターが必要とわかったわけです。

そして・・・

赤玉土

ごろつき赤玉土。

中粒です!

14Lあります。かなりベランダまで運ぶのに苦労しました。通販にすれば良かったと後悔しています。

そして・・・

培養土

花と野菜の培養土です。

25L。死ぬほど重かったです。

今回は深底プランターにたっぷり土が入るように、赤玉土も培養土も大きめを買ってみました。

もしかしてこれでも足らないかもしれませんが。。

とりあえず、ベランダの野菜栽培は準備完了です!

あとは週末にオクラの苗を買ってきて植えるだけ!楽しみ!

 

日当たりについては他の野菜同様でとても重要です。

水も毎日たっぷりあげてください。

 

オクラは肥料が大好きらしい

赤いオクラ

この写真は6月中旬ごろのものです。

2週間でこの大きさ。

今年は暑いこともあって、すくすく成長したのかもしれません。

ちなみに、オクラは非常に肥料が好きな植物だそうです。 基本的に2週間に一度は液肥をやりました。

一度肥料を切らすと、成長が遅くなるのがよくわかります。 この時点ですでにつぼみがいくつか付いています。

 

害虫の攻撃だ!

オクラの葉害虫

ここでいくつかの葉に白い線のようものが。。

調べてみるとハモグリバエの幼虫が葉っぱの中を食べたあととか。。 害虫だ。

 

とりあえず葉っぱを切って他の健康な葉がやられないようにしました。 農薬は使いたくないので。

 

赤いオクラに支柱を立てる

赤いオクラに支柱を立てる

ひょろっと長くなったオクラに支柱を立てることにしました。

隣のミニトマトも負けじと背が高くなっていますので一緒に支柱を立てます。

うちのベランダは風通しが良くて、というかたまに良すぎるため、しっかり支柱で固定しないと、簡単に枝が折れてしまうのです。

 

この時期、葉の付け根あたりから何個もつぼみが付きましたが花が咲きませんでした。 咲かずにつぼみの状態で折れてしまうのです。

どうやら、肥料が少なすぎることが原因とか!

どぼっと肥料をやってやりました。それからは安定しているようです。

 

うちの赤いオクラは新鮮マークが出ました

赤オクラの葉

オクラの葉の上につぶつぶ乗っている白い玉ですが、はじめ見たときは害虫の卵だ!と思ったのですが、 よくみると水の玉なのです。

 

これはオクラに特徴的な現象で、新鮮な状態で育っているとこのようにつぶつぶが現れるそうなのです。

不思議です。

ともあれ、うちのオクラは新鮮だってことです。ますます早く食べたくなりました!

 

花が咲きました

赤いオクラの花

そして、7月の上旬に赤オクラの花が咲きました。

苗を買ってきてから1か月あっという間です。

オクラの成長恐るべし。

 

オクラの花は早朝に咲いてすぐに散ってしまいます。

この一瞬に受粉するのでしょう。

めしべはベルベットみたいな感じにふさふさしています。

肉厚な花びらがオクラって感じですね。

つぼみはまだまだいっぱいあるので、たくさんオクラが成りそうです!

 

最初の赤いオクラの実がつきました

赤いオクラの実

花が散ったあと、しばらくするとその部分から小さな赤オクラがつきました。

赤いオクラなので、この時点からすでに赤いですね。

ここから食べごろサイズになるのはあっという間、だいたい1週間くらいで食べられるサイズになります。

 

はじめての赤いオクラの収穫です

赤いオクラの実

第一号の赤オクラです。

実はこの赤いオクラ、もっと大きくなれと祈り続けているうちに大きくなったのいいのですが、収穫時期を逃してしまい、 茹でてみたのですが、固くて食べられたものではありませんでした。。

赤オクラは収穫時期を早めにしないと柔らか状態で食べられないということが判明しました。

2号からはこの教訓を糧に早めの収穫を心掛けたので、おいしくいただけましたよ。

 

赤いオクラは茹でると緑のオクラに変わることが判明

オクラとバジルとレタスのグリーンサラダ

ベランダでとれたバジルとオクラをレタスに乗っけてサラダでいただきました。

見ていただくとわかるように、赤いオクラは茹でると普通のオクラのように緑色に変色します。

赤い色素が熱で分解するんですね。

 

このほか、ポン酢でいただいたり、マヨネーズをつけて食べても絶品でした。

みなさんもぜひ、赤いオクラ栽培に挑戦してみてください!

 



ナスをベランダのプランターで育てる!我が家の家庭菜園

ナス

ナスのプランター栽培

ミニトマトに続き、今年はナスのプランター栽培にも挑戦することになりました。

目標は麻婆茄子・・・、ナスの漬け物・・・。

今からよだれがでます。

こちらも深鉢プランターに2つの苗を植えました。支柱も立てています。

間にバジルが見えますが気にしないでください。ちょっとわけありで、一時避難しています。

 

ナスは害虫がつくことが多く、そのあたりが結構難しいようです。

ちなみに、左側のナスはすでにアブラムシの大攻勢にやられていて、さっき気がついたのですが、きっと購入したときからついていたんですねー。

アブラムシは殺虫剤で殺すこともできますが、食べるものの栽培なのでできるだけ有機農法で育てたいというのが希望。

ということで、超めんどーですがアブラムシを見つけ次第、一匹ずつ駆除します。幸い隣には睡蓮鉢があり、メダカがたくさん泳いでいますので、この水の中に投入。

メダカが大喜びで食しています。。

 

さて、ナスも日照量が大事です。

トマト同様月ごとに日当たりが良い位置を探してベランダ内でプランターの移動を繰り返すことになると思います。

それにしても、ナスの漬け物。。早く食べたいです。

 

ナスの雌しべが短いと栄養不足

ナスの花

ナスの花です。

よく見ると、黄色い雄しべの中に雌しべが隠れているようにあるのがわかります。

実はこれ良くないそうです。よく育っている栄養豊富なナスは、雌しべがバシッと雄しべより長く突出しているのです。

要するに雌しべの短いこのナスは栄養不足ということなのだそうです。

 

ナスは栄養が大好きな野菜ということで、さっそくハイポネックスを投入することにしました。

ハイポネックス

ジョウロの水が3リットルはいるので、ハイポネックスをキャップ1/3くらい投入します。

ハイポネックス

ジョウロの水がみるみる水色になります。こんな色水ナスにあげていいんだろうかという一抹の不安。

ジョウロ

あげちゃいました。

ナスは栄養が大好きだといろいろなサイトに書いてあるのできっと大丈夫!

ナスの栽培経過はまたご報告しますね。

 

ナスについたアブラムシ牛乳は効果あるのか?

ナス

ナスを植えて3週間。2株植えているもののひとつだけがなぜかアブラムシにやられています。

つぼみについている白いのがそうです。実は葉っぱの裏にも大量のアブラムシが。。。

ナスは害虫がつきやすい野菜だとは知っていたのですが、アブラムシは速攻でつきました。アブラムシの天敵はテントウムシなのですが、そんなに簡単にマンションのベランダにやってきてくれるはずはなく、一匹ずつとっては睡蓮鉢で飼っているメダカの餌にしていました。

めだかは大喜びです。

ただし、そんな作業も徒労に終わるほどどんどん増えていきますので、もっと抜本的な対策をということで調べていたところ、牛乳が効くというサイトがちらほら。

牛乳

そんなわけでスプレーに牛乳をつめてみました。

ちょっともったいない感じもしますが、ナスのため!

牛乳がアブラムシの体に付着すると、アブラムシが呼吸できなくなって駆除できるというのがもっぱらの説明でした。

本当かなと思いつつ、、、

ナス

豪快にかけてやりました。ワイルドだろー。

これで本当にアブラムシが駆除できるのかちょっとわかりませんが、また結果はご報告します。

 

ナスの一番果は摘み取るのか?

ナスの実

ナスの実がだいぶん生長しました。

当初はアブラムシが大量についていたので、実は付かないと思っていましたがご覧の通り。

アブラムシはたっぷりついていますが、きちんと実は大きくなっています。

一番果は早めに摘み取るようにとあちこちのサイトに書いてありますが、なんかもったいなくて切り取れないですね。

それにしても牛乳でアブラムシは退治できませんでした。。

 

今年一番のナスを収穫

ナス

今年の一番ナスです。

ちょっと大きさが足りませんが、一番果は早めに収穫したほうが、他の実に栄養が行きやすいとききましたので、週末に収穫することにしました。

塩麹に漬けていただきましたが大変おいしかったですよ!

 

以上、ナスの家庭菜園でした。



ベランダのプランターで育てるハツカダイコンの栽培記録

ラディッシュ

ハツカダイコン

 

ハツカダイコンを植えてみました。その栽培記録です。

種を買ってきました。ただ、ハツカダイコンにもいろいろな種類があるらしく、僕が買ってきたものは「さくらんぼ」という種類でした。

最近ではラディッシュともいいますね。

 

さて、土を5ミリくらい掘って30個くらい植えて、土をかけたら水をやります。

3月の中旬くらいから植えても大丈夫だそうです。

土は園芸用のもので構いません。根元に油粕を2,3個入れただけです。

 

植えてから4日ほどで芽が出ます。名前のとおり、目が出るのも早いですね~。

野菜はみんな日光が好きなので、日当たりのいい場所で育てましょう。

 

hatukadaikon2

 

 

続いて10日目の様子です。すでに双葉がそろって出てきています。

どうも種を植えすぎたみたいです。この中から丈夫そうなものだけのこして、あとは間引きます。

だいたい1センチ間隔くらいが理想だそうです。

写真 2014-03-30 17 43 59

 

そして、ハツカダイコンを植えてから30日目くらいです。

もう立派な葉っぱが生えています。根元には赤いふくらみが!

写真 2014-04-20 12 04 56

 

写真 2014-04-20 12 05 32

 

ハツカダイコンを植えてから40日目。

もうすっかり実が膨らんでいますね。大きくなっているものからどんどん食べましょう!

ハツカダイコンは本当に簡単で育てやすい野菜です。皆さんもぜひ挑戦してみてください!

写真 2014-04-29 9 33 46

 



コンパニオンプランツのニラで野菜についたアブラムシ退治

ニラ

アブラムシ

ナスについたアブラムシ。先日牛乳が効くというお話を聞いて試してみましたが。。。

結果。

まったく効きませんでした!!

このとおり、せっかく咲いたナスの花にもたっぷり太ったアブラムシが付着しております。むしろ、以前より増えた様子。

野菜にとりつくアブラムシに牛乳が効く説はガセネタでした。

 

でも、実はそんなこともあろうかと、もうひとつアブラムシの駆除用に用意していたのが・・・

ニラ

ニラです!

そう、あの中華料理に入っている、ちょっと臭くておいしいあのニラです。

このニラをアブラムシのつきそうな野菜のプランターと一緒に植えておくと、なんと害虫がつかないとか。

これは本当のようですので、実はナスの苗を植えるときに一緒に足元に植えていたのです。

これです。

コンパニオンプランツ

すでに芽が出始めていますよ。

ついでに育てが食べられますから、一石二鳥です。

おそらくニラからでる臭い匂いがアブラムシなどの害虫を寄せ付けないのだと思いますが、

こういうアブラムシなどを寄せ付けない野菜のことをコンパニオンプランツと言うそうです。

そんな野菜が存在するとはつゆ知らず、これからニラくんの活躍に期待したいと思います。

 

 



アブラムシの駆除に牛乳は有効か

ナス

ナス

ナスを植えて3週間。2株植えているもののひとつだけがなぜかアブラムシにやられています。

つぼみについている白いのがそうです。実は葉っぱの裏にも大量のアブラムシが。。。

ナスは害虫がつきやすい野菜だとは知っていたのですが、アブラムシは速攻でつきました。アブラムシの天敵はテントウムシなのですが、そんなに簡単にマンションのベランダにやってきてくれるはずはなく、一匹ずつとっては睡蓮鉢で飼っているメダカの餌にしていました。

めだかは大喜びです。

 

ただし、そんな作業も徒労に終わるほどどんどん増えていきますので、もっと抜本的な対策をということで調べていたところ、牛乳が効くというサイトがちらほら。

牛乳

そんなわけでスプレーに牛乳をつめてみました。

ちょっともったいない感じもしますが、ナスのため!

牛乳がアブラムシの体に付着すると、アブラムシが呼吸できなくなって駆除できるというのがもっぱらの説明でした。

本当かなと思いつつ、、、

 

ナス

豪快にかけてやりました。ワイルドだろー。

これで本当にアブラムシが駆除できるのかちょっとわかりませんが、また結果はご報告します。



ミニトマトの栽培にベランダのプランターで挑戦してみた!

ミニトマト

ミニトマトをプランターで栽培

先日飼った深鉢プランターで、ミニトマトを栽培することにしました。

昨年までは種から育てていたのですが、今年は4月の気温が低かったこともあり、ミニトマトの苗を買ってきて植えることにしました。

プランターで栽培する場合、苗は最初の花がついたころのやつを植えるといいそうですので、花はついていませんでしたが蕾が出ているものを購入して植えました。

一つの鉢には2本植えます。それぞれの間隔は2,30センチといったところ。

今年は深鉢なので保水も完璧。ミニトマトは根をしっかりはる植物なので深鉢プランターがいいのです。

さらに支柱をたてて補強をおこないました。

一本仕立てで栽培するミニトマトは風で倒れることも多く、支柱は必須です。その際も深鉢だと支柱がしっかり立つため便利。

 

日当たり

ちなみに、ミニトマトは日照量が重要です。

うちのベランダは広いのですが、時間帯によって日が当たらなくなります。

月によって一番日当たりがよくなる場所を探して鉢を移動させます。

この日照量についてはちょっと心配ですがしばらく様子をみていきましょう!!

 

ミニトマトのわき芽かき

ミニトマトのわき芽かき

トマトといえば重要なのが「わき芽かき」です。

わき芽とは、枝と枝の脇に生えてくる新しい芽のこと。

写真のとおり枝の分かれ目のところにはえてますよね。このわき芽をほおっておくと、どんどん枝分かれして栄養が分散してしまいます。

栄養が分散するということは、花や実に栄養がいかないということですので、おいしいミニトマトができづらくなるというわけです。

そのため、このわき芽を見つけたらどんどん取ってしまいましょう。

1週間もほったらかしにしておくとあっという間にわき芽だらけになりますので、こまめに切り落とします。

切り落とすときは、手でぽきっと倒すと折れますよ。ちなみにハサミは使わないように、傷口からばい菌が入るからだめんなんです。

なお、このわき芽かき、できたら午前中の晴れた日に行うのがベストとか。

傷口が早く乾くため、病気の心配をしなくていいからということです。

ではでは、きょうもかきますか!

 

ミニトマトの受粉

ミニトマトの受粉

先週植えたミニトマト。わらわら花が咲きはじめました。最近やっと暖かくというか暑い日もありますので、そのお陰かもしれません。

さてこのミニトマトの受粉ですが、これも基本的にはほったらかし!です。我が家では。

うちのベランダはL字型になっていまして、風がびゅんびゅん通り抜けます。そのため、植物たちも風にしょっちゅうなびいているのです。そのためこのミニトマトの花も風で揺れて勝手に受粉するという仕組み。

植物ってよくできています。

とはいえ、できるだけ実がきちんとついたほうがいいと思いますので、朝ベランダに出て花を見つけるととりあえず花を軽く揺らしてあげてみたりしています。

でもあまり強く揺らすとポキッと折れてしまいますので、軽く花をはじくくらいで十分かと思いますよ。

皆様もご注意を!

 

青い実がつきました

ミニトマトの実

ミニトマトの最初にできた花房に青い実がつき始めました。

毎朝新しい花が咲いているのを見つけると、揺さぶって受粉を助けてあげいますので、今年は収穫量UPを目論んでいます。

もう少し実がついてきたら、液肥を投入しようと思っています。

青いミニトマト

ミニトマトも青い実がたくさんなりまして、大小合わせて40個ほどになりました。

右端のやつが一番最初に実をつけたのですが、いまだに赤くなりません。

かれこれ1ヶ月近く経つのですが、もう少し気温があがらないとダメなのかもしれませんね。

また赤くなればブログでご紹介します!

 

ミニトマトの摘心方法

ミニトマトの摘心

ミニトマトがかなり大きくなってきました。

支柱だけですと風で倒れてしまいそうだったので、根元のあたりは2本づつ支柱を追加して補強してあります。

さて、これくらい支柱の高さを超えてきましたので、摘心する必要があります。

本来は全部で5房くらいの花がついたところで、その上の部分をカットして実に養分が十分行き渡るようにします。

ただ支柱が少し短かったせいで、全部で4房までしか残すことができませんでした。

ミニトマトの摘心

これがミニトマトの摘心の様子です。

一番上の成長点をズバッと切ってあげてください。

これで残った実に養分が行き渡るはずですよ。

 

台風で茎が折れました

台風で折れたミニトマト

いやはや、今回の台風は風がものすごかったですね。

関東も直撃でしたが、朝ベランダに出てみて衝撃。。

ナスは葉がちぎれまくっているは、ミニトマトは茎が折れてしまっているはで、壊滅状態でした。

支柱なんてなんの役にもたっていませんでした。

ミニトマト水苔

ということで、すでに折れたミニトマトはすでにしおれかかっていましたが、傷口に水苔を巻いてなんとかひっついてもらうように処置しておきました。

これで復活してくれるといいんですが。。

ミニトマトの房が現在8つあって、それぞれ10個ずつ実がなっていますが、そのうち2房は折れてしまっています。

なんとかなりますように。

 

ミニトマトの収穫!

ミニトマトの収穫

ついに収穫です。ミニトマト。

赤いやつを食べてびっくり。市販のミニトマトがいかに酸っぱいか。

ベランダのトマトはとっても肉厚で甘いのです。

これが本来のトマトの味、なのですかね~。

これから毎日2個ずつは収穫できそうですので、楽しみです!